FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

*小さなおとうと。

昔から、長女だというと「やっぱりね」とか「わかる〜」と言われてきた。
そんなものなのかなと思っていたけれど、私の周りの長女に似たような人が多いかというと
そう言う訳じゃない。たぶん、兄弟(姉妹、姉弟)を構成する性別に依るのだと思う。

私は弟が二人いる三人姉弟の長女。
今日4月17日は、下の弟の30歳の誕生日だった。


1332569898.jpg





私は18歳で大学に入った頃から一旦家を出ているし、弟達もそれぞれ家を出て自分で生活するのが
早かったから、まともに毎日顔を合わせて生活したのは18までなのだと思う。
それ以降の記憶はあまりない。

だから、私の中で、下の弟は高校生くらいでずっと止まっているように思えるほど。
小さな頃からとてつもなくピュアで、傷つきやすく、
人を大切にしすぎて自分を犠牲にすることをいとわないくらい優しい子だった。

上の弟は勢い盛んで無茶ではあっても、二番目ならではの器用さを併せ持っていたのだけど、
こと下の弟は、なにかと不器用な子だった。
けれど、これもまた末っ子の生まれついての才能なのか、目上の人間から可愛がられて
信頼される子だった。

異性の、特に姉弟となると、そんなに頻繁に話す訳じゃないし、会うわけでもない。
ましてや、お互い結婚して、それぞれの家庭を持った今では。

けれど、意外と私たちはいろんなことを話した方だと思う。

私はたった一度だけれど、上の弟と色んな話をした忘れられない夜があるし、
下の弟に至っては、初恋の人も初めてつきあった子もよく知ってる。笑
なんでも「ねーちゃん、きいてよ。」と話す子だった。

当時、働き出したばかりのバーで教えてもらったというカクテルを
「これ、俺が作ってん。呑んで。」と仕事帰りの私に作ってくれたりもした。

そんな下の弟が結婚したのは3年ほど前、私は彼女の存在を結婚の話が出るまで知らなかった。
結婚披露宴のテーブルに置いてあったネームカードの裏に、弟の下手な字で

「姉ちゃんっ子卒業します」

と書いてあるのを見たときは、泣けた。
見送る弟の前でも泣いて「泣くなよ、姉貴。」と肩を抱かれて、また泣いた。

そんな弟が30歳になった。
誕生日おめでとう、とメールをしたら
「ありがとう、でも絵文字くらい入れろよ、味気ない」と返ってきた。

誕生日のメールが姉貴からくるのって気持ち悪いやんけ、位言えよ。と毒づきながら、
弟らしい返信を見ながら、弟バカをずっと卒業出来ずにいるのは私かもしれないな。と、ふっと思った。




Pagination

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。