FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

*愛しのローズマリー

  • 2011/05/30 22:09
  • Category: 雑記
10年ほど前にそんな映画がありましたが、今日はハーブのお話。



うちの猫の額ほどの小さな小さな庭にはハーブが数種類植えてあります。

もちろん料理に使うためでして、オレガノはこぼれ種でどんどん勝手に増えていますし、タイムもとても丈夫で見た目も可愛いんです。

ラベンダーは今きれいに咲いていて、これからはハーブ達が元気な季節。

その中で、ローズマリーは、放っておくとどんどん茎が大木化してゆくので、割とこまめに剪定します。

若芽の香りがとてもすばらしいので、ブーケガルニには欠かせないローズマリーですが、そうでなくても剪定した後の枝に困るもの。



今日はこの剪定した枝葉を使って、このハーブの薬効を試してみましょう。






ローズマリーは記憶に働きかけ、また酸化(老化)を防ぐ薬効のある「若返りのハーブ」と呼ばれています。

古代ではローズマリーを埋葬の時に棺に入れたりして腐敗を防止したりしたのだとか。

太古からその薬効はさまざまな場面で使用されてきたのでしょう。



今日はこれで、若返りの(!)入浴剤を作ります。



まずはばさばさと水洗いをしっかりと。

そして、抽出液を作ります。鍋にたっぷりと水を入れて、ローズマリーを枝ごと入れてしっかりと煮出してゆきます。






直接お風呂に入れて沸かしても、十分なエキスが出ませんのでこの作業はしっかりと。

大体30分くらい、中火〜弱火でしっかりと煮出してゆきます。






できました。

きれいな黄金色の抽出液を、湯船に4cupsほど入れました。

煮出した後の枝葉は洗濯ネットに。こちらも湯船にぽいっと入れちゃいます。

ローズマリーの良い香りが浴室中に漂います。

これだけでとっても贅沢な気分。



入ってみると肌にぷりんとハリが出る感じです。この感触だけでも、とってもいい感じ!

乾燥肌の方なら、ホホバオイルを数滴たらして入浴するのがいいかもしれません。

これでハリだけでなく、しっとり感も。

それに、このローズマリーの芳醇な香り。頭の中がすっきりとクリアになるような感覚。



高いアンチエイジング美容液も悪くないかもしれないけれど、古くから愛されたハーブを使って、簡単な手作りの入浴剤も素敵です。

ラベンダー、レモンバームでも良いかも。それぞれのハーブの薬効を調べながら作っても面白いですね。



おっと、ローズマリーは妊婦さん、授乳中のママさんには禁忌です。

ハーブの中にはお子さんや妊娠、授乳中の方は使用を控えないといけないものもありますので気をつけて、楽しんで下さいね。






Pagination

Trackback

Trackback URL

http://sept02.blog.fc2.com/tb.php/48-3e08b74f

Comment

Post Your Comment

コメント:登録フォーム
公開設定

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。