FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

*おべんとういろいろ。

ついつい空を眺めてしまうことが多くなりました。
気づけば秋の真ん中に立っていて、もうすぐそこに冬の扉が見えてきたこの頃。
まだ固く重く閉まっているその扉も、きっとまたすうっと音も立てずに開きそう。
季節は私たちの知らぬ間に確実にその針を進めています。

そんな秋の空は高くて、優しい青。ペールブルーにサーモンピンク、スモーキーローズ、そんな色が混じり合うような空とともにある琵琶湖畔の夕焼けはとてつもなく繊細で思わず見とれてしまいます。

先月はどこもかしこも運動会シーズン。
友達もお弁当作り頑張ったー!ってよく聞いてました。
我が家も例外になく。
i_2012100915585187.jpg



リクエストしたものを全部詰めるということと、お重で作ってほしいという二つのお願いを受けて作ったお弁当。
こちらはおかず重。おにぎりは別に詰めました。
それに私がリクエストした義母のおいなりさん。
お義母さんの作るおいなりさんは絶品で、いくつでも食べられてしまうのです。
「おいなりさん、作ってきてね!!」としっかり念を押す厚かましい嫁ですが、何か?笑

前の日までに大まかな下準備を終えておいたので、朝はらくちん。
ミートボールは前に大量に作って冷凍しておき、ささみも前の晩にゆがいてしまい、トウモロコシも蒸してぴったりラップして冷蔵庫へ。マカロニサラダは、あとはマヨネーズを和えるだけにしておいてこちらも冷蔵庫へ。
千切り大根の煮物はもうしっかり作り上げて冷蔵庫へ。
朝は、玉子焼きを焼いて、いんげんを茹でて胡麻和えを作り、ウインナーを焼いて、さつまいものグラッセを作ります。ミートボールはトースターで温めて、ソースを絡めて。おにぎりをきゅっと握って、完成。
デザートにはリンゴをシナモンで煮てシャーベットにして、保冷剤代わり。

運動会は、子ども達思い切り頑張りました。
お友達に囲まれてとっても楽しそうで、ほろりとしたり、きゅっと心を掴まれるような成長を感じた一日でした。


運動会が終わるとすぐに、校外学習が待っていました。
大型の台風が過ぎ去った直後ということもあって、山へ行くというのが少し不安ではあったのですけれど決行。
本人達は至って楽しみに、前夜もわくわくして早く寝ていました。

i_2012100813202633.jpg


娘達のリクエストはまたもやミートボール。笑
彼女達にとってのミートボールはごつっとしていて少し不格好な、外はかりっ、中はふわっとした、私のミートボール。
赤ワインを煮詰めて手軽に作ったソースも大好きで、ママのミートボール食べたい!といつも言ってくれます。

全部が全部手作りは無理だし、加工品も上手く使ってゆけば良いと思います。
手作りをやみくもに崇拝するわけじゃないのだけれど、必要以上に加工品を多用することが良いとは思わないだけで。

なんでもそうなのだけど、合理性、時短性がアイコンの現代を生きてゆく娘達。
その中に、アナログだからいい、手間暇掛けることで生まれることも沢山あるんだよ、と教えてあげたいと思うのです。それは決して目にはみえないものだから。

それを一番手近に、確実に伝えられるのは家庭料理じゃないのかなあと、いつもそんなことが頭の片隅にあります。そしてそれは、たぶん、私が亡き祖母から教わった一番大きなことなんだろうなと。

秋は本当に良い季節。これから紅葉も楽しみ。季節の移ろいを感じて、外へ出かけて行きたいですね。
愛情と手間をかけて、作ったお弁当を持って。

Pagination

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。